質問トピックより 「浄土真宗の行というのは、なんですか?善の意味も教えてください。」について

(あなぐま さん)

>こんにちは、浄土真宗の行というのは、なんですか?

ご質問ありがとうございます。 
真宗の行」とは何ですか? という問いには「称名念仏」です とお答えいたします。 
ただ、「称名念仏」には、「自力」「他力」があり、「自力の称名念仏」「他力の称名念仏」となります。 
 
親鸞聖人は、『顕浄土真実教行証文類 行文類』にて 
「『選択本願念仏集』[源空集]にいはく、「南無阿弥陀仏[往生の業は念仏を本とす]」と。 またいはく、「それすみやかに生死を離れんと欲はば、二種の勝法のなかに、しばらく聖道門をさしおきて、選んで浄土門に入れ。浄土門に入らんと欲はば、正・雑二行のなかに、しばらくもろもろの雑行をなげうちて、選んで正行に帰すべし。正行を修せんと欲はば、正・助二業のなかに、なほ助業をかたわらにして、選んで正定をもつぱらにすべし。正定の業とはすなはちこれ仏の名を称するなり。称名はかならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑに」と。{以上} あきらかに知んぬ、これ凡聖自力の行にあらず。ゆゑに不回向の行と名づくるなり。大小の聖人・重軽の悪人、みな同じく斉しく選択の大宝海に帰して念仏成仏すべし。」
 
と「念仏成仏すべし」と答えられているとともに「凡聖自力の行にあらず。ゆゑに不回向の行と名づくるなり」とも言われております。
 
このことから、「称名」は「仏の本願によって回向せられた行」ですから、「不回向の行と名づくる」と言われています。「不回向の行」とあることは「不(自力)回向の行」という意でございます。「回向」とは「計らい」を指す言葉であります。ですから『歎異抄』第十には、「念仏には無義をもつて義とす。不可称不可説不可思議のゆゑにと仰せ候」といわれています。
 この「念仏には無義をもつて義とす」は「源空聖人のお言葉」として知られ、
『御消息(お手紙)』には
 「また他力と申すことは、弥陀如来の御ちかひのなかに、選択摂取したまへる第十八の念仏往生の本願を信楽するを他力と申すなり。如来の御ちかひなれば、「他力には義なきを義とす」と、聖人(法然)の仰せごとにてありき。義といふことは、はからふことばなり。行者のはからひは自力なれば義といふなり。他力は本願を信楽して往生必定なるゆゑに、さらに義なしとなり。」(「笠間の念仏者の疑ひとはれたる事」より)
 
とございます「他力には義なきを義とす」が「念仏には無義をもつて義とす」にあたります。
 
今あげた文のなかに「他力」「念仏」とあることが、親鸞聖人が勧められた「他力の(称名)念仏」となります。
 
善の意味も教えてください。 
 
真宗において「(行者が行わねばならない)善(善根)」はございません。上に挙げました「称名念仏」は阿弥陀さまの本願力回向でございます。
 
そのため、
正定の業とはすなはちこれ仏の名を称するなり。称名はかならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑに{乃至}凡聖自力の行(善行)にあらず。ゆゑに不回向の行と名づくるなり」と、
 
称名は仏の本願によるがゆゑに、凡聖自力の行にあらず。」と言われ、
 
歎異抄』第八には
 「念仏は行者のために非行・非善なり。わがはからひにて行ずるにあらざれば非行といふ。わがはからひにてつくる善にもあらざれば非善といふ。ひとへに他力にして自力をはなれたるゆゑに、行者のためには非行・非善なり」と
 
「念仏は行者のためには非行・非善なり」と言われております。
 
ご質問ありがとうございます。
なもあみだ、なもあみだ
 龍教房
 
〈引用〉
源空聖人(法然上人) 著
 
 
親鸞聖人 著
 
 
親鸞聖人御消息集』
 
伝 唯円房 著
 

質問トピックより 「龍樹菩薩が、有無の見を悉く摧破されたとあるが、浄土の教えとどのような関係があるのか?」について

id:carsa_j さん)
>龍樹菩薩が、有無の見を悉く摧破されたとありますが、浄土の教えとどのような関係があるのでしょうか?

蓮如上人は『正信偈大意』にて「よく有無の邪見を破して、」としか記してありません。

この箇所は仰られるように「有無の見を悉く摧破された」です。この語句の説明のほうがよろしいかもしれませんね。

まず、
 「有見(うけん)」とは「常見(じょうけん)」ともいわれ、「そのものの実在に固着する考え方」です。
そして、対する
 「無見(むけん)」とは「断見(だんけん)」ともいわれ、「ものごとをすべて「虚無」であるとする考え方」です。

これら、「そのものの実在に固着する考え方」も「ものごとをすべて「虚無」であるとする考え方」も「行者によるおん計らい」でありますから「自力の計らい」とされ、「全分他力」の法義である「南無阿弥陀仏」の前には「ひるがえすべきもの」でしかありません。

親鸞聖人は『お手紙』にて(「有念・無念」とありますが、「心にて想うこと」を指していますので「有見・無見」と窺うこともできます)
 「 選択本願は(聖道の)有念にあらず、(聖道の)無念にあらず。有念はすなはち色形をおもふにつきていふことなり。無念といふは、形をこころにかけず、色をこころにおもはずして、念もなきをいふなり。これみな聖道のをしへなり。聖道といふは、すでに仏に成りたまへる人の、われらがこころをすすめんがために、仏心宗・真言宗法華宗華厳宗三論宗等の大乗至極の教なり。仏心宗といふは、この世にひろまる禅宗これなり。また法相宗成実宗倶舎宗等の権教、小乗等の教なり。これみな聖道門なり。権教といふは、すなはちすでに仏に成りたまへる仏・菩薩の、かりにさまざまの形をあらはしてすすめたまふがゆゑに権といふなり。

 浄土宗にまた有念あり、無念あり。有念は散善の義、無念は定善の義なり。

浄土の無念は聖道の無念には似ず、またこの聖道の無念のなかにまた有念あり、よくよくとふべし。

 浄土宗のなかに真あり、仮あり。真といふは選択本願なり、仮といふは定散二善なり。選択本願は浄土真宗なり、定散二善は方便仮門なり。浄土真宗は大乗のなかの至極なり。方便仮門のなかにまた大小・権実の教あり」

とございます。詮ずる所としまして
浄土真宗は大乗のなかの至極であり、選択本願である。
 選択本願は有念(有見)ではなく、無念(無見)でもない。
 しかし、「浄土宗における有念、無念」として「有念は散善の義、無念は定善の義なり」とあるが、
 「行者におきては、非善・非行なり」(『歎異抄』より)とのことより、「翻すべき事柄」である。

 選択本願とは、大聖(源空)の仰せには「義なきをもつて義とす」と言われている。

 これら、
 「行者におきては、非善・非行なり」(『歎異抄』第八より)
 「念仏には無義をもつて義とす。不可称不可説不可思議のゆゑにと仰せ候」(『歎異抄』第十より)

といわれる「自然のうち(阿弥陀さまのお働き)」でありますから「行者におきては、非善・非行なり」や「不回向の行」などともいわれます。

この「選択本願は有念(有見)ではなく、無念(無見)でもない。」といわれることを
正信偈』には、仰られるように「龍樹菩薩が、有無の見を悉く摧破された」と顕わされております。

よくよく尋ねられてください。

なもあみだ、なもあみだ
 龍教房

質問トピック 20200618

こんばんわ、龍教房です。

 

こちらを読まれている方の中には、「この書物はどのような意味なのかたずねてみたい」と思われている方もいるかもしれません。ただ、現状そのベースとなる『正信偈』についても満足に記されておらず、読者の方にはご不便をかけている次第であります。

 

 そこで、このトピックを「仮の質問箱2」として、ここに立てます。

私もまだまだ研鑽の身でありますから、こたえられる範疇は狭いかとは思いますが、答えていきたいと思います。

 

 皆さま、どうぞよろしくお願いします。

 

なもあみだ、なもあみだ

 龍教房

備忘録 #1 「称える」について

お久しぶりです、龍教房です。

久々なので、更新できるのか心配になっています。

 

さて、山も山さんさんの「親鸞会を脱会した人(したい人)へ」にて

七高僧親鸞聖人」が「称える」について示しましたので、こちらにも「備忘録」として記しておきます。

(引用元として山も山さんのサイトも挙げておきます)

 

ーーー

正信偈』の
 「万善自力貶勤修 円満徳号勧専称」として「円満徳号勧専称」を勧められている所ですが、
他には『選択集』の
 「それすみやかに生死を離れんと欲はば、二種の勝法のなかに、しばらく聖道門を閣きて選びて浄土門に入るべし。浄土門に入らんと欲はば、正雑二行のなかに、しばらくもろもろの雑行を抛てて選びて正行に帰すべし。正行を修せんと欲はば、正助二業のなかに、なほ助業を傍らにして選びて正定をもつぱらにすべし。正定の業とは、すなはちこれ仏名を称するなり。名を称すれば、かならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑなり。」

と「すなはちこれ仏名を称するなり。名を称すれば、かならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑなり。」や

『往生要集 上巻』の
 「もしただ名を聞くものは黒闇処に堕ちず。 一念も名を称するものは、千二百劫の生死の罪を除却す。 帰依することあるものは、無上道において不退転を得。 」とあり、称名について説かれており

『往生礼讃』には、
 「いま弥陀の本弘誓願は、名号を称すること下十声・一声等に至るに及ぶまで、さだめて往生を得と信知して、すなはち一念に至るまで疑心あることなし。ゆゑに深心と名づく。」と「真実の信心」について説かれています。

『観経四帖疏』には、
 「「西の岸の上に人ありて喚ばふ」といふは、すなはち弥陀の願意に喩ふ。
「須臾に西の岸に到りて善友あひ見えて喜ぶ」といふは、すなはち衆生久しく生死に沈みて、曠劫より輪廻し、迷倒してみづから纏ひて、解脱するに由なし。」と「二河白道譬喩」の解説を

『安楽集』に
 「もし聖を去ることすでに遠ければ、すなはち後のもの名を称するはこれ正にして、前のものはこれ兼なり。 なんの意ぞしかるとならば、まことに衆生、聖を去ること遥遠にして、機解浮浅暗鈍なるによるがゆゑなり。」とあり
『選択集』の
 「おほよそこの『集』(安楽集)のなかに聖道・浄土の二門を立つる意は、聖道を捨てて浄土門に入らしめんがためなり。これにつきて二の由あり。一には大聖(釈尊)を去れること遥遠なるに由る。」とこの『安楽集』の解説をされております。

『論註』 『観経』引用解説箇所
 「善友告げていはく、〈なんぢもし念ずることあたはずは無量寿仏と称すべし〉と。かくのごとく心を至して声をして絶えざらしめて、十念を具足して〈南無無量寿仏〉と称せん。 仏の名を称するがゆゑに、念々のうちにおいて八十億劫の生死の罪を除き、命終の後に金蓮華のなほ日輪のごとくしてその人の前に住するを見、一念のあひだのごとくにすなはち極楽世界に往生を得ん。」といわれ

『浄土論』には
 「いかんが讃歎する。口業をもつて讃歎したてまつる。かの如来の名を称するに、かの如来の光明智相のごとく、かの名義のごとく、如実に修行して相応せんと欲するがゆゑなり。いかんが作願する。心につねに願を作し、一心にもつぱら畢竟じて安楽国土に往生せんと念ず。如実に奢摩他を修行せんと欲するがゆゑなり。{乃至}
 いかんが回向する。一切苦悩の衆生を捨てずして、心につねに願を作し、回向を首となす。大悲心を成就することを得んとする(「得んとする」を全分他力に立脚され「得たまへる」とせられた)がゆゑなり。」

『十住毘婆沙論』には
 「もし人疾く不退転地に至らんと欲せば、恭敬心をもつて、執持して名号を称すべしと」といわれ、これは
『和讃』
 「不退のくらゐすみやかに えんとおもはんひとはみな
 恭敬の心に執持して 弥陀の名号称すべし」
といわれているところである。

詮ずる所
正信偈』:「円満徳号勧専称」
『選択集』:「正定の業とは、すなはちこれ仏名を称するなり。名を称すれば、かならず生ずることを得。仏の本願によるがゆゑなり。」
『往生要集 上巻』:「一念も名を称するものは、千二百劫の生死の罪を除却す。 帰依することあるものは、無上道において不退転を得」
『往生礼讃』:「弥陀の本弘誓願は、名号を称すること下十声・一声等に至るに及ぶまで、さだめて往生を得と信知して、すなはち一念に至るまで疑心あることなし」
『観経四帖疏』:「弥陀の願意に喩ふ」と言われているが、「わが名を称えよ」という弥陀の願意である。
『安楽集』:「後のもの名を称するはこれ正にして、前のものはこれ兼なり。 なんの意ぞしかるとならば、まことに衆生、聖を去ること遥遠にして、機解浮浅暗鈍なるによるがゆゑなり」
 →『安楽集』の解説としての『選択集』
 「一には大聖(釈尊)を去れること遥遠なるに由る」とある。
 「聖道・浄土の二門を立つる意は、聖道を捨てて浄土門に入らしめんがためなり」は『正信偈』の「道綽決聖道難証 唯明浄土可通入」とあるところである。
『論註』 『観経』引用:「なんぢもし念ずることあたはずは無量寿仏と称すべし」
『浄土論』:「いかんが讃歎する。口業をもつて讃歎したてまつる。かの如来の名を称するに、かの如来の光明智相のごとく、かの名義のごとく、如実に修行して相応せんと欲するがゆゑなり。いかんが作願する。心につねに願を作し、一心にもつぱら畢竟じて安楽国土に往生せんと念ず。如実に奢摩他を修行せんと欲するがゆゑなり」
『十住毘婆沙論』:「もし人疾く不退転地に至らんと欲せば、恭敬心をもつて、執持して名号を称すべしと」
 →『十住毘婆沙論』の解説としての『浄土高僧和讃
 「不退のくらゐすみやかに えんとおもはんひとはみな 恭敬の心に執持して 弥陀の名号称すべし」

です。すべて「勧専称、仏名を称する、名を称するもの、名号を称すること、弥陀の願意、名を称するはこれ正にす、無量寿仏と称すべし、如来の名を称する、恭敬心をもつて執持して名号を称すべし」と言われております。

ーーー

 

です。お手元に「真宗聖典」がある方は『信文類』「二河のたとえ」や『観経』、『和讃』、『おつとめ』などでご確認できるかと思います。

 

引用元:「親鸞会を脱会した人(したい人)へ」[ネタバレ]映画「歎異抄をひらく」の感想。令和の親鸞会講師部員の過去・現在・未来の自画像としての作品

https://shinrankaidakkai.hatenablog.com/entry/2020/06/08/202529

 

なもあみだ、なもあみだ

龍教房

「如来所以興出世 ... 即横超截五悪趣」

如来所以興出世 唯説弥陀本願海

五濁悪時群生海 応信如来如実言

能発一念喜愛心 不断煩悩得涅槃

凡聖逆謗斉回入 如衆水入海一味

摂取心光常照護 已能雖破無明闇

貪愛瞋憎之雲霧 常覆真実信心天

譬如日光覆雲霧 雲霧之下明無闇

獲信見敬大慶喜 即横超截五悪趣

 

如来所以興出世 唯説弥陀本願海

如来、世に出られたいわれは、唯、弥陀本願の海を説くためである

 ⇒お釈迦さまがこの世に現れたいわれを示されている。「弥陀本願の海を説く」とあるように「摂取不捨の利益」を説くためであると釈された。

 

・五濁悪時群生海 応信如来如実言

→五濁悪時の群生は、 応しく如来如実のおん言を信ぜよ と

 ⇒私たち「衆生」は、「如来如実のおん言をすなわち信ずべし」のいわれである。ただ、「全分他力」からは、「すなわち阿弥陀仏より信ぜ給えるおん言なり」という釈し方もある。

 

・能発一念喜愛心 不断煩悩得涅槃

→能く一念の喜愛心を発(おこ)し、煩悩を断だずして涅槃の分別を得る と

 ⇒「一念の喜愛心を発(おこ)し」とは三心のうちのひとつ「回向発願心」である。

 この解説では、「信の一念」ではあるが、親鸞聖人は「行の一念をはなれたる信の一念もなし」と言われているので、「信の一念」であり「行の一念」でもある。

 

・凡聖逆謗斉回入 如衆水入海一味

→凡(普通の人)も聖(殊勝な行いをされている人)もまた、逆らったり謗ったりされている悪人も斉しく回入す 如く衆生、弥陀海へ一味となりて入らん

 ⇒「衆生の機」について記されている箇所である。ここでの「最終箇所」は、読んでいただいた通り「弥陀海へ一味となりて入らん」ではあるが、「逆らったり謗ったりされている悪人」については「自力の三心ひるがへし」(『和讃』)とあるように、「阿弥陀さまによって」翻させていただかねばなりません。

 

・摂取心光常照護 已能雖破無明闇

 貪愛瞋憎之雲霧 常覆真実信心天

 譬如日光覆雲霧 雲霧之下明無闇

 獲信見敬大慶喜 即横超截五悪趣

 

→摂取心の光明は常に照し護りて 已に(疑)無明の闇を能く破すと雖も、

貪り、愛(執着)、瞋り、憎しみの雲霧は、 常に真実の信心天を覆うという

譬えの如く、(「約生」からは、(行者の方よりは、))日光を雲霧が覆ったとしても、 雲霧の下は無闇であると明かされた。

獲信させていただき、うやうやしく見られ大慶喜し、 即ち、五悪趣を横さまに超えて截つ。

 ⇒阿弥陀さまのおいわれを聞き、よく疑いのこころを破り捨てさせていただいたとしても、これら「煩悩の雲」は、常に覆ってしまっている。(「有漏の穢身はかはらねど」(『和讃』)の箇所、また「こころは蛇蝎のごとくして」等もありますね。)

ここの次の「雲霧の下は無闇であると明かされた」はあくまで「疑無明を破す」であり、「痴無明を破す」ではない。もし、「痴無明を破す」が是あるなら、先の「煩悩を断だずして涅槃の分別を得る」とは記さない。そのため『歎異抄』第9には、「よろこびの心が起きないが…」と相談されている。

 

―――

 

久々に記しました。一度に訳したため、「この箇所の理解が…」等もあるでしょうから、是非ともコメント欄にてお願いします。

 

なもあみだ、なもあみだ

龍教房

「本願名号正定業 ... 必至滅度願成就」

本願名号正定業 至心信楽願為因

成等覚証大涅槃 必至滅度願成就

 

・本願名号正定業

本願を形にされた名号を称える事は、正定の業であり(17願の通りにすることは正定聚の位に居すことであり、) ←ここで「17願」(大行)について記されている。または『行文類』について言われているとも見れる。

 

・至心信楽願為因

至心信楽の願を因となす。 ←ここで「18願」(大信)について記されている。または『信文類』について言われているとも見れる。

 ただ、この「18願」を「五願にひらく」とされると、「17・18・11・12・13願」と見ることもできる。よってこの箇所は「18願」とも「17・18・11・12・13願」とも見れる。

 

・成等覚証大涅槃 必至滅度願成就

等覚に成らしめん「証大涅槃の願」とも称される「必至滅度の願」のまた成就する。

←ここでは「11願」について記されており、『証文類』についてとも見れるが、「11・12・13願」とした場合、『証文類』と『真仏土文類』についてとも見る事ができる。

 

余談

「至心信楽願為因」とは上記に既述したとおりだが、浅はかな人間には「疑心至心信楽願」と言うこころがある。ここよりだいぶ後のセンテンスとはなるが、

「決以疑情為所止」の中の「疑情」(疑いのこころ)である。

この「疑心至心信楽願」については『化身土文類』に記されている通りである。

 

おわりに

ここでは『行文類』『信文類』『証文類』『真仏土文類』(また、逆説的に『化身土文類』)について説かれた箇所である。

 この中に『教文類』はないのでは、と思うかもしれないが「大無量寿経」の「この願はこのようにいわれている」と議論している箇所なので、『教文類』は「大前提」として、含まれていて「今になって断りを入れる必要がない」ということである。

 よって、主著『教行証文類』が含まれている箇所とも見る事ができる。

質問トピック 20190803

こんばんわ、まだ数人ですがわたしのブログの読者になっていただいて誠にありがとうございます。

 

さて、こちらを読まれている方の中には、「この書物はどのような意味なのかたずねてみたい」と思われている方もいるかもしれません。ただ、現状そのベースとなる『正信偈』についても満足に記されておらず、読者の方にはご不便をかけている次第であります。

 

 そこで、このトピックを「仮の質問箱」として、ここに立てます。

私もまだまだ研鑽の身でありますから、こたえられる範疇は狭いかとは思いますが、答えていきたいと思います。

 

 皆さま、どうぞよろしくお願いします。

 

帰命尽十方無碍光如来

 龍教房

 

追記

「リンク」にも埋め込んでおきました。これで、記事が流れてしまっても大丈夫(と思いたい)です。