「如来所以興出世 ... 即横超截五悪趣」

如来所以興出世 唯説弥陀本願海

五濁悪時群生海 応信如来如実言

能発一念喜愛心 不断煩悩得涅槃

凡聖逆謗斉回入 如衆水入海一味

摂取心光常照護 已能雖破無明闇

貪愛瞋憎之雲霧 常覆真実信心天

譬如日光覆雲霧 雲霧之下明無闇

獲信見敬大慶喜 即横超截五悪趣

 

如来所以興出世 唯説弥陀本願海

如来、世に出られたいわれは、唯、弥陀本願の海を説くためである

 ⇒お釈迦さまがこの世に現れたいわれを示されている。「弥陀本願の海を説く」とあるように「摂取不捨の利益」を説くためであると釈された。

 

・五濁悪時群生海 応信如来如実言

→五濁悪時の群生は、 応しく如来如実のおん言を信ぜよ と

 ⇒私たち「衆生」は、「如来如実のおん言をすなわち信ずべし」のいわれである。ただ、「全分他力」からは、「すなわち阿弥陀仏より信ぜ給えるおん言なり」という釈し方もある。

 

・能発一念喜愛心 不断煩悩得涅槃

→能く一念の喜愛心を発(おこ)し、煩悩を断だずして涅槃の分別を得る と

 ⇒「一念の喜愛心を発(おこ)し」とは三心のうちのひとつ「回向発願心」である。

 この解説では、「信の一念」ではあるが、親鸞聖人は「行の一念をはなれたる信の一念もなし」と言われているので、「信の一念」であり「行の一念」でもある。

 

・凡聖逆謗斉回入 如衆水入海一味

→凡(普通の人)も聖(殊勝な行いをされている人)もまた、逆らったり謗ったりされている悪人も斉しく回入す 如く衆生、弥陀海へ一味となりて入らん

 ⇒「衆生の機」について記されている箇所である。ここでの「最終箇所」は、読んでいただいた通り「弥陀海へ一味となりて入らん」ではあるが、「逆らったり謗ったりされている悪人」については「自力の三心ひるがへし」(『和讃』)とあるように、「阿弥陀さまによって」翻させていただかねばなりません。

 

・摂取心光常照護 已能雖破無明闇

 貪愛瞋憎之雲霧 常覆真実信心天

 譬如日光覆雲霧 雲霧之下明無闇

 獲信見敬大慶喜 即横超截五悪趣

 

→摂取心の光明は常に照し護りて 已に(疑)無明の闇を能く破すと雖も、

貪り、愛(執着)、瞋り、憎しみの雲霧は、 常に真実の信心天を覆うという

譬えの如く、(「約生」からは、(行者の方よりは、))日光を雲霧が覆ったとしても、 雲霧の下は無闇であると明かされた。

獲信させていただき、うやうやしく見られ大慶喜し、 即ち、五悪趣を横さまに超えて截つ。

 ⇒阿弥陀さまのおいわれを聞き、よく疑いのこころを破り捨てさせていただいたとしても、これら「煩悩の雲」は、常に覆ってしまっている。(「有漏の穢身はかはらねど」(『和讃』)の箇所、また「こころは蛇蝎のごとくして」等もありますね。)

ここの次の「雲霧の下は無闇であると明かされた」はあくまで「疑無明を破す」であり、「痴無明を破す」ではない。もし、「痴無明を破す」が是あるなら、先の「煩悩を断だずして涅槃の分別を得る」とは記さない。そのため『歎異抄』第9には、「よろこびの心が起きないが…」と相談されている。

 

―――

 

久々に記しました。一度に訳したため、「この箇所の理解が…」等もあるでしょうから、是非ともコメント欄にてお願いします。

 

なもあみだ、なもあみだ

龍教房