「本願名号正定業 ... 必至滅度願成就」

本願名号正定業 至心信楽願為因

成等覚証大涅槃 必至滅度願成就

 

・本願名号正定業

本願を形にされた名号を称える事は、正定の業であり(17願の通りにすることは正定聚の位に居すことであり、) ←ここで「17願」(大行)について記されている。または『行文類』について言われているとも見れる。

 

・至心信楽願為因

至心信楽の願を因となす。 ←ここで「18願」(大信)について記されている。または『信文類』について言われているとも見れる。

 ただ、この「18願」を「五願にひらく」とされると、「17・18・11・12・13願」と見ることもできる。よってこの箇所は「18願」とも「17・18・11・12・13願」とも見れる。

 

・成等覚証大涅槃 必至滅度願成就

等覚に成らしめん「証大涅槃の願」とも称される「必至滅度の願」のまた成就する。

←ここでは「11願」について記されており、『証文類』についてとも見れるが、「11・12・13願」とした場合、『証文類』と『真仏土文類』についてとも見る事ができる。

 

余談

「至心信楽願為因」とは上記に既述したとおりだが、浅はかな人間には「疑心至心信楽願」と言うこころがある。ここよりだいぶ後のセンテンスとはなるが、

「決以疑情為所止」の中の「疑情」(疑いのこころ)である。

この「疑心至心信楽願」については『化身土文類』に記されている通りである。

 

おわりに

ここでは『行文類』『信文類』『証文類』『真仏土文類』(また、逆説的に『化身土文類』)について説かれた箇所である。

 この中に『教文類』はないのでは、と思うかもしれないが「大無量寿経」の「この願はこのようにいわれている」と議論している箇所なので、『教文類』は「大前提」として、含まれていて「今になって断りを入れる必要がない」ということである。

 よって、主著『教行証文類』が含まれている箇所とも見る事ができる。